読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない喜びと終わるからこその美しさ

どうも!
SNSの恐ろしさを思い知ったあさひです!
あー、怖い怖い!!
自業自得だけどね!!!!!!( TДT)笑



さて、
アイドル論していきましょ。




ふと思ったわけです。
なんで今アイドルが人気なのか。
(もちろん今に限らずですが…)
少し前に男女共々アイドル飽和状態になってましたね。
落ち着きを見せてきたとはいえ、まだ継続といってもよいでしょう。


個人的な解釈ですが、
「アイドル」というコンテンツに「基本的な終わりがない」からではないでしょうか。
現実世界では年齢や、他の業主転換などなどありますが……
これが二次元となるとほぼほぼ終わりはありません。
声優さん次第なところもありますが。


逆にいえば声優さんを含む『そのアイドルを形成し関わっている全ての人々が続けたい』と願えばずっと続くんですよ。


ラブライブ!のあるグループは、
事実上の活動停止をしています。
劇場版で触れた「スクールアイドルであることにこだわりたい」という文言ですね。
スクールアイドル………つまり学生であることに意味がある、ということ。
彼女たちはきっちりとした理由を以て、活動停止を選んだわけです。
そして、彼女たちのファンは惜しみながらも見届けました。

いまや伝説的な存在です。






勝負事として考えると当たり前のことですが、
勝ち続けるのって大変ですけど嬉しいですよね。
逆に負けるのは本当につらい。
アイドル界での勝利が……仮に、「知名度の向上」であり「存続」だとするなら……
大変だけど嬉しいこと。
勝利つまりは存続し続けてほしいものです。

アイドル界での敗北とは?
「○○って最近Twitterで見なくなったよね」
これは果たして敗北なのでしょうか。
知名度の低下」や「解散」が敗北なのか……?

疑問は残るばかりですが、
現実問題として


Twitter(などのメディア)で見なくなったよね
=人気なくなったよね

最近新しいグッズやCD出してくれないよね
=つまらない



情報過多なSNS環境だからこそ言えるのは
『新しい情報のなくなったコンテンツは低迷していく』
と感じています。